EVI(Eco Value Interchange)

日本の森と水と空気を守る

EVI活動報告

2017.07.23

近接遠来を目指して道の駅石狩「あいろーど厚田」
来春オープン!連携による商品交流をご提案!
7月20日―21日石狩市役所、海浜植物保護センター

21日、昨年3月加藤が基調講演を行なったカーボン・オフセット商品開発セミナーで訪れた「りんくる」のある石狩市役所を表敬訪問し、新岡環境市民部長にごあいさつ。
EVIが推進している道の駅連携構想について昨日に続き、環境政策課の武田主査と中村主事にご説明させていただいた。昨年カーボン・オフセット大賞を受賞した日南町道の駅の導入から実施に至るまでのコンセプトとプロセス、EVIとの関わりについてご説明。トータルなサイン計画から売場でのPOPデザインとメッセージコミュニケーションの重要性と実践について、また、道の駅の現状分析から加藤は道の駅の連携がもとめられていることを「道の駅」全国アンケートを引用して提案。

途中、道の駅事務局企画経済部商工労働観光課地域振興担当の佐藤様にも概要をご説明。商品交流について石狩市の姉妹都市の輪島、恩納村の他、日南町や横手市等連携の可能性について日を改め検討いただくことに。午後はJ-VER販売益の活用場所海浜植物保護センターを見学させていただき海洋植物についてとても詳しい山田さんから生態系のお話をお聞きした。
石狩は森と海の砂丘海岸自然草原と天然海岸林が大規模に残っている全国的に稀な砂丘海岸です



 

PAGE TOP